カビを防ぐ

現在ではジェルネイルを施している方が大変増えています。通常のネイルよりインパクトのある印象を出せることから、ネイルサロンなどでも人気の施術となっているのです。こうしたジェルネイルをしている方にまれに起こるのが爪の変色です。初期にはうっすらとグリーンかかった部分が現れる程度ですが、症状が進むとかなり緑色は濃くなってきます。こうした症状が現れた場合には、まずはカビの発生が疑われます。カビの菌によって爪部分が感染症を起こしてしまっている状態なのです。このような場合には、まずは医療機関などに相談するのがベストと言えます。比較的症状が軽い場合には、変色している部分をやすりなどで取り除き消毒することで軽快することもあります。

このような爪の感染症を引き起こさないためには、ジェルネイルを施す時の下準備などに気を配る必要があります。爪との密着度を高めるために、爪の表面に傷をつけるなどの一手間が密着度を高めるために役立つのです。柔らかい素材を用いれば、爪にも余計な負担をかけることなく適度な傷をつけることが出来ます。ジェルを施す前に、爪を消毒しておくことも重要なポイントです。このような工程を自分で行なうことが難しいといった場合には、やはりジェルネイルは専門のサロンなどで行なうのが賢い方法と言えます。こういったネイルサロンでは、普段のジェルネイルのお手入れ方法などもアドバイスしているため、事前にトラブルを防ぐことが出来るのです。